CNJ養成講座

がん情報ナビゲーター(CIN;Cancer Information Navigator)養成講座/乳がん体験者コーディネーター(BEC;Breast cancer Experienced Coordinator)養成講座について

講座開設の背景

2007年6月閣議決定された「がん対策基本計画」には、「今後は、基本計画に基づき、国及び地方公共団体、また、がん患者を含めた国民、医療従事者、医療保険者、学会、患者団体を含めた関係団体及びマスメディア等(以下「関係者等」という。)が一体となってがん対策に取り組み、がん患者を含めた国民が、進行・再発といった様々ながんの病態に応じて、安心・納得できるがん医療を受けられるようにするなど、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」の実現を目指すこととする。」と言及されています。

異なる立場の方々が共同しこの目的を達成するためには、がんに対する一般的知識、その他がん医療情報に関する知識、及び最新の情報にアクセスするスキルは最低限の必要条件になります。

この講座では、これら異なる立場の方々が、(BECでは乳がん体験者の立場で)がん医療に関与するための「がん医療情報」(BECでは「乳がん医療情報」)に特化した養成講座になっています。

受講された方々はどんな人?

2007年4月より開講、認定まで半年のコースとなっており、過去に実施した一期・二期受講生では、様々な立場の方々に受講頂きました。

・がん診療を行う医療機関、がん診療連携拠点病院などで患者・家族相談にあたる医療者の方々

・がん診療を行う医療機関に勤務する医療者の方々(看護師・薬剤師・ソーシャルワーカーなど)

・がん患者団体等でピア(体験者)の立場として患者相談などの活動をされている方々

・がん患者(がん体験者)を持つ家族・遺族で、今後がん医療に関りを持ちたいと考える方々

・製薬企業で営業・開発・教育研修を担当している方々

・民間企業(生命関連企業など)で、カスタマーサービス等を担当している方々

・医療、社会保障、科学等を担当する(興味を持つ)マスメディアの方々

認定者の認定後の活動

(→詳細はCIN・BEC受講生の声|活動報告) CIN受講生のほとんどは仕事を持ちながら、本養成講座を受講され、修了後はご自身の仕事の中で、本プログラムで習得されたがん医療情報の基本的知識、最新の情報へのアクセスのスキル等を活用頂いております。

また、BEC受講生は、それぞれの立場で、本プログラムで習得された乳がん医療情報の基本的知識、最新の情報へのアクセスのスキル等を活用頂いており、その他医療関連機関の要請に応じ、コールセンター、患者相談支援等での活躍が期待されています。

今後は、Q1の説明にもあるように、がん医療の領域において、病院や公的機関だけでなく、民間企業等様々なところで、CIN/BECとしての基礎的知識を有する人材のニーズが高まると思われます。